kick the bucket



kick the bucket [kík ðə 'bʌkit][キック・ザ・バケット]

[動]
1.死ぬ。

直訳すると「バケツを蹴る」。それが転じて「死ぬ」を意味するイディオムとなった。これを教えてくれたネイティブスピーカーの友人に由来を尋ねてみたところ、縄などで首を吊って自殺をする際にバケツに足を乗せて、さあいよいよこの世とおさらばという時にバケツを蹴って窒息に追い込んだことから、とのこと。

なかなか血生臭いオリジンだけれど、自殺に限定して使われるというわけではなく、「死ぬ」ということであればこれを用いるとのこと。

因みにこれから派生したbucket list[バケットリスト]「死ぬまでにやっておきたい事のリスト」 は結構頻出。併せて覚えておきたいですね。


例 I wanna visit as many countries as possible before I kick the bucket.(死ぬまでに出来るだけ多くの国を訪れたいね)。