kopi tiamの意味・解説・用法・例文



kopi tiam [コピティアム]

[名](シンガポール)
1.コーヒーショップ。

マレー語と福建語の複合語。kopiはマレー語で「コーヒー」、tiamは福建語で「店」を意味し、合わせてコーヒーショップとなる。コーヒーショップといっても、通常のカフェとは異なり、シンガポール(マレーシアも)独特の伝統的なものを指す。

シンガポール人はこのkopi tiamで朝食を摂る事が多い。愛知県民にとっての喫茶店でのモーニングみたいなものであり、カヤ・トーストやコーヒー等が主に供される。

また、kopitiamとスペースを入れないで表記される事も。


・kopi tiamのチェーン“Ya Kun”(写真上)

・カヤジャムを使った、Ya Kun Kaya Toast(写真下)。