holy shit の意味・解説・用法・例文



holy shit [hóuli ʃít][ホーリーシット]

[間]
1.くそ。やべー。すげぇ。
2.なんてこった。

holy shitを直訳すると「聖なるウ○コ」(holy→聖なる + shit→ウ〇コ)驚き、落胆、恐怖、感嘆などの感情を表現する間投詞で、「くそっ」「やべー」「すげぇ」「なんてこった」等の意味を持つ。使い方、バリエーションは多種多様で、"Holy cow"や"Holy moly"、合わせて"Holy moly shit"などとも言われる。

shitだけに、「くっそー」なんて訳はピッタリですよね。同じ意味を持つスラングにholy crapがあります。このcrap「ウ〇チ」を意味する英語のスラングです。

ちなみに私のネイティブスピーカーの友人達によると「"holy cow"や"holy moly"はshit(ウンコという意味を持つ)を使う勇気が無いへタレの表現だ」などと言っている。また、shitが放送禁止用語であることから想像は容易だが、この二つのほうが表現としては柔らか(それでもきついけど)。

例文 Holy shit, that ramen pic looks so delicious!! くっそー、そのラーメンの写真、めっちゃ美味そうじゃん。
例文 Holy shit, I've lost my credit card. 畜生、クレジットカードを紛失してしまった。

使用例(0:24より)