kiasu の意味・解説・用法・例文 【シンガポール英語(シングリッシュ)】



kiasu [キアス]

[形](シンガポール)
1.負けず嫌いな。負けるのが怖い。
2.ケチな。いやしい。

シングリッシュ(シンガポール英語)の代表格の一つで、意味は「負けず嫌いな」「いやしい」福建語(Hokkien)からの借用語。

誰よりも真っ先に得をしたい、我先にと突き進む、競争心の強い華人らしい(No offense.)といえばらしい表現。というよりは、人口密度が高く、国土が狭く、競争が激しい都市国家シンガポールでは、時にそうならざるを得ないのかもしれない。食事時などは席の確保も一苦労である。チャイニーズが人口のマジョリティーを占める、とてもシンガポーリアンな単語だと思います。

例文 I'm the kind of guy that would piss the kiasu Singaporeans by walking slowly in front of them. 負けず嫌いなシンガポール人の前をのんびりと歩いてイライラさせる。僕はそういったタイプの男。
例文 Kiasu aunties who conveniently ignore the queue in front of them at the MRT deserve no rights. 自分たちの前の列を都合よく無視して、MRTの電車に乗ろうとするいやしいババア達には何の権利も無い。


Don't be kiasu when you wait for a bus.